犬の歯周病ってどんな病気?

近年ペットブームにより犬や猫を飼っている人がとても増えています。


うちにも犬が一匹いますが犬も歯周病や虫歯になる事を知っていますか?


歯周病の症状は主に「痛み」「臭い」「ヨダレが増える」などが挙げられます。


皆さんの愛犬に、「若い頃に比べて口臭が強くなった」「ご飯を食べる速度が遅くなった」「口の周りを触られるのを嫌がるようになった」などの症状が見られる場合は歯周病が原因ではないか注意して見てあげてください。


外から見ただけでは歯石が増えているだけにしか見えないこともあります。


でもその歯石がどんど歯周病を悪化させてしまうのです。


普段の歯磨きはもちろんですが歯石が付いているのを確認したなら獣医さんに相談してみましょう。


なるべく早めが良いと思います。


そして犬の歯は人と比べると歯と歯のすき間が広く開いていますので唾液による自浄作用が働きやすいと言われています。


しかし体の大きさと歯の大きさが比例しないので例えば大型犬と小型犬で体の大きさが違っても歯の大きさはそこまで変わりません。


大型犬に比べると小型犬のほうが歯と歯の隙間が狭くなりますので歯周病にもなりやすいと言えます。


どうしても歯ブラシが苦手な犬の場合は指サックタイプのものや歯磨きシートを使った歯磨きでも一定の効果があります。


諦めずに誉めてあげて慣れさせてあげましょう。


犬の歯垢は2、3日で歯石に変わってしまいますので歯磨きの頻度は1日1回以上が推奨です。

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。