食生活の改善で歯槽膿漏を予防できる?

歯槽膿漏の予防と聞くと歯磨きを丁寧にすることが真っ先に思い浮かぶかもしれません。


しかし食生活を改善することも歯槽膿漏の改善や予防につながります。


どのような食事が良いのでしょうか。


栄養バランスを整える


歯槽膿漏に限ったことではありませんが栄養バランスが整うと抵抗力が強くなり病気を予防することができます。


特にビタミン類がバランスよく摂取できると抵抗力が強まります。


どんなビタミンが良いの?


・ビタミンC


 抵抗力を強めてくれます。


 柑橘類に多く含まれますが他にも緑黄色野菜やイモ類から摂り入れることができます。


・ビタミンE


 体内の酸化を防ぎ体を守ってくれます。


 歯槽膿漏の予防にも効果的です。


 アーモンドやナッツ類、うなぎやかぼちゃに含まれています。


 ・ベータカロチン


 体内でビタミンA に変換されますが害のある活性酸素から守ってくれます。


 緑黄色野菜、柑橘系のフルーツ、かぼちゃ、岩のりやひじきに含まれています。


 ・ビタミンB6


この栄養素が足りないと疲れやすくなったり口内炎ができたり傷も治りが遅いです。


バナナやレバーなどに多く含まれ、他にも鳥の胸肉、カツオ、マグロの赤身、さんま、イワシ、さばなどからも摂る事ができます。


食生活の改善は体の健康、お口の中の健康につながります。


歯槽膿漏の予防にも効果的なので意識して、バランスよく食事を摂りましょう。

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。