軽度から重度まで歯周病の症状はいろいろ

一口に歯周病といっても症状はごく軽いものから手術が必要な重症例まで様々です。


それぞれどういった症状なのか詳しく説明していきます。


自分でも治せる軽症の歯肉炎


歯肉炎は歯周病のごく初期段階で軽症に分類されます。主な症状は歯茎の腫れや僅かな痛みなどです。


歯磨きの時少し出血があるかもしれません。


また自覚症状はありませんが歯周ポケットと呼ばれる歯と歯茎の境目の溝が炎症によってやや深くなっている状態です。


この時点で正しいブラッシングを行えば歯肉炎はかなり改善に向かうでしょう。


歯周炎まで進行したら?


歯肉炎の段階でしかるべき処置をせずにいると徐々に歯周炎と呼ばれる病態へ移行します。歯周炎では歯肉炎の症状がより強く出始めます。


つまり炎症が進み歯茎の腫れや痛みがより強くなり出血もかなり見られるようになります。


また歯槽骨や歯肉などの歯周組織にまで炎症が広がり歯がぐらつくようになってきます。それでも放置すれば歯周組織が破壊され歯が抜け落ちてしまうのです。


歯周病は口内だけの病気ではない!


歯周病は口の中だけの病気と侮ってはいけません。


歯周組織の炎症が続いていると歯周病菌や炎症を起こさせている毒素が血流に乗って全身へ運ばれていき身体へ様々な悪影響を及ぼすことがわかってきました。


具体的には糖尿病の悪化動脈硬化の進行の助長肺炎の誘発などがあげられます。歯周病はこれらの非常に恐ろしい病と関連があるのです。


私自身も歯周病予防のために歯周病菌の殺菌力に優れている歯周病専用薬用歯磨き粉などを使っています。


日本人の8割がかかる歯周病。絶対に今のうちに改善・予防したほうが良いですよ。


コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。