痛みもないのに歯茎から膿が・・・どうして?

体のどこでも痛みがあればどこか悪いのかと心配になりますよね。


歯茎も同じですが、時に痛みもないのに歯茎から膿が出るということがあります。


この場合膿が出ても痛くなければ大丈夫、というわけではありません。


歯茎もしくは歯が痛むことと膿が出ることには大きな違いがあり、膿が出ているというのはむしろ相当悪い状態になっていると考えたほうがよいでしょう。


歯茎から膿が出るのは、もしかすると歯の根元の内側に膿が溜まり、それが外にまで溢れ出てしまっているからかもしれません。


もしくは歯周病が進行し歯茎の状態が悪化している可能性や、更には別の原因が潜んでいる可能性もあるためまずは歯医者にかかり膿が出ている原因を突き止める必要があります。


虫歯が進行すると歯に痛みを感じることはよくありますが、もしも歯の神経が死んでしまった場合、痛みは全く感じなくなります。


そのため先程述べた歯の根元に膿が溜まっているという現象も、虫歯がかなり進行し歯の神経が虫歯菌によって死んでしまっているために起こることがあります。


つまり歯茎から膿が出るものの、歯の神経が死んでいるため痛みを感じないというわけです。


ここまで症状が悪化する前、すなわち歯の神経がまだ生きていた時には、虫歯菌によって歯の神経が侵される痛みを多少なりとも感じていたはずです。


しかしその段階を通り過ぎてしまえば、どれだけ症状が悪化してももはや全く痛みを感じなくなってしまいます。


ここまで来ると歯の中はもうボロボロになっていると言っても過言ではないでしょう。

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。