歯茎からの出血とかゆみ、どうして起こるの?

私たちは体のどこかにかゆみや出血が起これば何か病気なのではと心配になると思います。


歯茎も同じです。


歯茎にかゆみがあったり出血が起こっている場合、それは何かしらの病気にかかっているというサインです。


歯茎のかゆみや出血がある場合、これは歯周病すなわち歯槽膿漏にかかっている可能性が考えられます。


歯周病は初期段階のうちはほとんど自覚症状がない病気です。


しかし自覚症状がなくても病状は確実に進行し、自覚症状が出て気が付いた時には重症化しており手遅れになっていることが少なくありません。


歯茎のかゆみや出血という症状は、歯周病が進行している証拠でもあります。


もしかすると歯周ポケットもかなり深くなっているのかもしれません。


この場合まずは歯茎をしっかりとブラッシングする、これが自宅でできる対策となります。


歯磨きの際に歯茎のほうに歯ブラシを向け、歯と歯茎の境目に歯ブラシをしっかりと当ててください。


ブラッシング中には大量に出血することがあるかもしれませんが、力を入れず優しく磨いている分にはそれほど心配する必要はありません。


正しくブラッシングすることで歯周病を治すことができます。


ブラッシングだけでは治らないこともありますが、それでも手遅れというわけではありません。


歯周病に気が付いた時点ですぐに歯科医院へ通い治療をすれば、症状の悪化を防ぎ進行を遅らせることはできます。


更には健康な歯茎に戻すことも十分できるのです。

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。