歯槽膿漏予防の歯磨きの大切さ

虫歯や歯槽膿漏を防ぐには毎日の正しい歯磨きが重要です。


歯周病が進行すると歯茎に膿がたまったり歯がグラグラになってしまったりする歯槽膿漏の状態になってしまいます。


歯槽膿漏の原因菌の歯周病菌は、うがいでは落とすことができず、さまざまな細菌のかたまりの歯垢を歯磨きで取り除く必要があります。


歯と歯茎の間についた歯垢が原因で歯肉炎が起き、歯茎の炎症により赤く腫れたり、歯磨きのときに出血したりします。


放置していると歯茎だけでなく歯を支えている歯周組織まで破壊されてしまい強い口臭にも悩まされることになります。


各自の歯磨きでどこまで歯周病菌を減らせるかがとても大切です。


歯周炎などで歯茎の腫れがある場合は、やわらかめの歯ブラシで全体的に磨きましょう。


痛みなどがある場合なるべくふれたくないからと放置すると歯周病菌が増殖してしまい症状が悪化してしまいます。


歯周ポケットを磨きたい場合は毛先の細めのものを選び歯と歯茎の境目を丁寧に磨きます。


毛先の細い歯ブラシは歯の表面の歯垢を落とすには効果がうすいので基本的な密な歯ブラシと併用することがベストです。


デンタルフロスなども歯と歯の間の歯垢を落とすために有効なので、うまく利用しながら効果的な歯磨きをしましょう。

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。