歯周病治療の基本的な流れを知ろう

歯周病治療はその進行具合や患者さんの希望によって方法が異なりますがある程度決まった流れは存在します。


ここでは歯周病治療の基本的な流れを紹介します。


まずは精密検査から


まずは病態を正確に把握しなければなりません。そのためにレントゲン撮影などで歯や歯茎や歯槽骨の状態を確認します。


精密検査をすることで歯周病の進行具合が判明しその後の治療方針を決める重要な手立てとなります。


歯周基本治療の実施


精密検査を受けた後は歯や歯茎に蓄積した歯石を取り除く歯周基本治療が始まります。


歯石は歯周病菌の温床です。この歯石を徹底的に除去することによって歯周病菌の住みにくい口内にしていきます。


また患者さんご自身にも口内を清浄な状態を保っていただくためにひとりひとりの歯並びに合わせたブラッシング指導も歯周基本治療に含まれています。


重症の歯周病には歯周外科治療


歯周病が進行すると外からは見えない個所に歯石が溜まったり歯槽骨が溶けて歯を支えられなくなったりするという症状まで現れてきます。


そうなると歯周基本治療だけでは改善は見込めません。歯周外科治療が必要になってきます。


具体的には歯茎を切開しての歯石除去や外科的に歯周ポケットの深さを減少させるなどの処置が施されます。また歯槽骨や歯茎の再生療法も歯周外科の範疇です。


メンテナンスも定期的に


一連の治療が完成しても安心できないのが歯周病です。口内には常に歯周病菌が存在しており、また相当注意しておかないと歯垢・歯石の付着は免れません。


日々のブラッシング同様定期的に歯科医院を訪れメンテナンスを受けることも重要です。また普段から歯周病専用薬用歯磨き粉などを使うのも良いかもしれません。


最近の研究で歯周病菌の殺菌力に優れいている成分についても詳しくわかってきています。それらの成分が含まれているか確認して歯磨き粉を買ってみてはいかがでしょうか。


はこちらの記事を参考にしてみると良いですよ。

⇒ 歯周病菌の殺菌力に優れている成分が含まれている歯周病専用薬用歯磨き粉は?


コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。