歯周病予防-液体歯磨きと歯磨き粉の違い

歯周病は、ひどくなると歯が抜けてしまうほどの恐ろしい病気です。


大切な歯を守るためには予防が欠かせません。


予防に大切なのは歯磨きですが、その時使う歯磨き粉にも何か違いはあるでしょうか?


液体歯磨きがおすすめ


歯周病予防に重要な歯磨き。


毎日の歯磨きで歯の表面に付いている汚れを落とせていれば、そこに菌が住み着いて歯周病を発症することはありません。


そこで、おすすめなのが液体歯磨き粉です。


一般的な歯磨き粉との違いは?


一般的な歯磨き粉は汚れを落とすために研磨剤が入っています。


その方がいいのでは?と思われるかもしれません。


正しいブラッシング方法を実践している方には良いですが、それがなかなか難しい場合、研磨剤が入った歯磨き粉を使うと歯の表面を傷つけてしまうのです。


そこに歯垢や歯石が引っ付きやすくなり歯周病にかかるリスクを高める可能性があります。


研磨剤で歯茎を傷つけてしまう


歯周病予防のための正しいブラッシングの仕方は歯と歯茎の境目を磨き歯ブラシで歯茎をマッサージするというものです。


そこで研磨剤入りのものを使うと歯茎を傷つけてしまうのです。


液体歯磨きは研磨剤が入っていないので歯や歯茎を傷つけるデメリットなく歯周病を予防できるという点でおすすめです。

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。