歯周病予防は何歳から始めるの?

歯周病とは歯を支えている顎の骨を溶かしてしまう怖い病気です。


35歳になると約80%以上の人が歯周病にかかっているのです。


では歯周病は何歳からなり始めるとおもいますか?


35歳で突然歯周病になるわけではないのです。


実は10代から少しずつ進行していき20代、30代にかけてゆっくり歯肉の炎症を引き起こしていきます。


この時期までに治療を行わないと30代で急に進行が進んでいくのです。


虫歯と違い歯周病は自覚症状がほとんどなく気づかれないことが多いのが特徴です。


歯を失う原因で一番多いのは歯周病なので10代から歯周病予防を意識する必要があるんです!!


具体的には丁寧な歯磨きを行い歯間ブラシ、デンタルフロス、ワンタフトブラシを使うようにしてください!


そして歯茎をマッサージしながら歯を磨くように常に意識してください。


子供の頃からの習慣はとても大事ですので家族そろって行うことをおススメします!


30代以降につらい思いをしないためにも今から始めましょう☆

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。