日本人の成人の8割が歯周病または歯周病予備軍?

日本人は欧米人に比べ歯周病にかかっている人が多く厚生労働省の調べによると成人の8割もの人が罹患しているということです。


それだけ歯周病に対する予防意識が低く「かかってしまえば治せばいい」という考え方の人が多いということでしょう。


ですが歯周病は本当はとてもこわい病気なのです。


知っているようで知らない歯周病は感染症

歯周病は口内細菌に感染することで発症します。そう歯周病は感染症なのです。

歯垢や歯石に住み着いた歯周病菌に感染することで歯茎に炎症が起こるのですがこれが歯周病の入り口の歯肉炎と呼ばれる状態です。

歯肉炎は見た目の変化も乏しく痛みもほとんど感じないので多くの人が見過ごしてしまいがちです。

歯肉炎が進行すると歯周炎という病態へ移行しますがこの頃には歯茎の腫れ・出血・ブヨブヨ感と様々な自覚症状が現れることでしょう。


本当はこんなにこわい歯周病

歯周病はギネスブックに載るほど有名な「人類史上最も感染者の多い感染症」です。しかし他の感染症に比べ深刻にとらえている人が少ないのが現状です。

歯周病は歯茎の病気と思われがちですが進めばいずれ歯根の骨にまで炎症が到達します。

さらに放置すると土台となる骨が溶け歯が抜け落ちてしまうことも。そうなる前に正しい治療を受け歯周病の進行を防ぎましょう。


「若いから」そんな油断は禁物

歯周病には少し歯茎が腫れた程度のものから切開手術の必要があるものまで様々です。

そしてそれは高齢者に限定されたものではありません。

実際成人の約8割が歯周病に感染しているとなると当然若年層にも広がってきています。若くても日頃のご自身のチェックが重要になってくると言えるでしょう。


最近は歯周病菌の殺菌力に優れている成分成分というのもわかってきています。そのような成分が含まれている薬用歯磨き粉を使えば効率的に歯周病の予防や改善が可能です。


歯周病菌の殺菌力に優れている成分に関してはこちらに書いているのでそちらの記事も参考にしてみると良いですよ。

⇒ 歯周病菌の殺菌力に優れている成分が含まれている歯磨き粉は?


コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。