ドライマウス予防、自分で唾液を出そう!

口の中の唾液の量が減ると口腔乾燥が起きます。


そうすると虫歯や歯周病の原因になり更に口臭を引き起こしてしまうのです。


しかし、ドライマウスは自分で予防することができます!


実は唾液は自分で出すことができるので是非活用してみてください!


まず、唾液がどこから出てくるのか・・・


・耳下腺


これは耳の下にあります


・顎下腺


これは左右両方の顎の下、ちょうどリンパ腺のところにあります。


・舌下線


これは顎の真下、顎を突き上げた時の顎の下にあります。


ここから唾液の出し方なんですが、これらをマッサージするのです。


基本的には唾液腺を指で軽く押す。


これを10回程度行う。


そうすると自然に唾液が出てきます。


この唾液腺マッサージができないなら、もっと簡単な方法もあります。


それは酸っぱい食べ物を想像する・・・。


例えばレモンや梅干しを食べるのを想像する。


これだけでもジワーっと唾液は出てきます。


これらを覚えておくとドライマウス予防になるので是非やってみましょう!

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。